TOYOTA YUI Project

EN

開発者メッセージ

LQ 開発責任者

井戸 大介

TOYOTA LQは、新しい技術でお客様の体験や行動範囲を広げ、もう一度、新しい時代の「愛車」と呼んでもらえるように、との思いで開発をスタートしました。初めて発表したラスベガスのCES2017では、未来的な意匠と、「自動運転とAIエージェントの融合がもたらす未来のドライブ体験」のデモが、多くのメディアから評価されました。そして今も、私たちは実際に東京の街を走らせるべく開発を継続しています。
このクルマには、トヨタの描く未来と、新しい技術と、開発者の思いがたくさん詰まっています。それらに少しでも触れていただければ幸いです。そして、2020年、東京でお会いできる日を楽しみにしております。

TRI CEO

ギル・プラット

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)は、2020年に東京でデモ予定の、LQ用AIエージェントと自動運転機能を開発しています。 LQで自動運転とAIエージェント機能を組み合わせるというアイデアは、CES2017で初めて発表されました。 ドライバーや乗客がチームメイトとして互いに連携することで、これらの機能は常に車両の状態や車内外、そして、車両とドライバーの信頼度を監視し、安全性、利便性、快適性を向上させます。 TRIは、これらの機能の開発、デモンストレーション、および搭載が、将来のモビリティに対するお客様の理解および信頼獲得への重要なステップであると考えています。

デザインリーダー

武井 達弥

現在LQで提案したトヨタの考える未来の愛車像の一つを、現時点の技術で実際に製品として具現化しています。

外形、室内のデザインは、トヨタの創る未来の車として、たとえ先端技術であっても、人が創る温かみを失わない様に工夫されています。また、センターディスプレイのYUIを中心に始まるインパネ造形が、INSIDE OUTという考えに基づき、車両内外の境界を感じさせないデザインに挑戦しています。

実際の車両開発では、コンセプトカーのように理想通りにできない事もたくさんありましたが、何十年か後に自動車の歴史を振り返った時、この車が一つの転換点となっている事を願い、たとえ理想状態ではなくても、まずその一歩を踏み出す事を選び開発を進めてきました。この車が一人でも多くの方々に愛される事を願っています。

技術説明資料

車体設計リーダー

本橋 潤平

外形の特徴として「ワンモーションフォルム」と「透明ドア」により未来を感じる意匠を実現しています。

ワンモーションフォルムについては、Aピラーの前出しにより、フード、ガラス、ルーフへのワンモーションのフォルムを実現しています。
フロントガラスも大きくなり、HUDを大きく映し出すことが可能となります。

透明ドアについては、ドアのベルトライン下をガラスにしています。これにより、外から光が差し込むことで車内の方に開放感を感じでもらうことができます。
また、ガラスに特殊な遮熱コーティングをすることで、車内の方が暑く感じない工夫をしています。

未来の外形意匠とリアルなクルマのコラボレーションを実感していただきたいです。

シート設計リーダー

宗近 純一

LQをベースに「AI」x「自動運転」で「未来の愛車」をつくる。
初めて聞いたとき、どんなクルマを開発するのか、ワクワクxドキドキでした。

私が担当した「覚醒・リラックス誘導機能付きシート」によって、自動運転中でもYUIが感情を推定し、シートからのフィードバックで常にリラックスした快適空間を実現します。
具体的には腰椎部のシートに内蔵されたブラダー(空気式の伸縮袋)の押圧により、背伸びを誘導する「覚醒誘導」と腹式呼吸をサポートする「リラックス誘導」を行います。

どんな動きでリラックスするのか、是非シートに座って体感ください。

愛犬とのふれあいのように愛車とコミュニケーションする、そんな未来をお楽しみに!

内外装設計リーダー

狩谷 悠史

内装リーダーとして

内装は広々空間とすっきりした意匠をテーマに開発しました。広々空間としては、内蔵物のレイアウトを見直し、インストルメントパネルを250mm前出しし、また3Dプリンター技術を用いてフロント側が浮いたように見えるコンソールとすることで、運転席、助手席のつながり感を出しました。すっきりした意匠としては、センター部のスイッチをなくし、新開発のレジスタ、バイザー、リアプロジェクションディスプレイを採用することで、機能部品が見えづらくしました。イルミネーションにもこだわり、光ファイバーを織り込んだファブリックを用いた天井、LEDライン上に敷き詰めたフロアマットを新規開発し、今までに無い光の演出を実現しました。

ランプ外装リーダーとして

車の表情を示す特徴的なフロントのランプは、バンパーとの一体感にこだわり、パネルを透過し点灯する構造とすることで、点灯時にはランプとしての構造がないところから光が浮き出るよう工夫しました。ヘッドランプもハイビーム、ロービームのユニットを小型化し、オリジナルの意匠を阻害しない様にしました。リアコンビネーションランプはアイコニックな柄を敷き詰めたデザインとし、フロントと同様に金色の部分が透過し、点灯する構造とすることで、昼には加飾の一部とし外装意匠に溶け込み、夜には柄が赤色に光り、ランプとして機能する演出を実現しました。

エージェントシステム開発リーダー

関沢 省吾

AIエージェント「YUI」は、モビリティにおけるユーザの「移動体験」を向上・拡張するための存在です。モビリティエキスパートであるYUIが、乗員を安全/安心・快適に導くため、クルマの各種HMI(ヒューマンマシンインターフェース)を使って人に働きかけます。 このように移動体験を向上させるには、その人にマッチした、人に寄り添うものである必要があり、その手段として各種の「人を知るAI技術」を活用しています。

YUIが、「人とクルマの関係そのもの」になる事を目指しています。
それがもっと人に寄り添う事で価値を生み出すことが出来れば、その人にとって、もっと「愛」の付くクルマになれるのだと考えます。

2020年に実施するのはその実証デモとなりますが、未来の姿の一部をお見せできればと思っています。

車両製作リーダー

不破 敬之

技術・生技・工場・販売部門にてクルマは開発されますが、LQは技術完結、また先進機能・高意匠とやった事の無い工程・構造満載のチャレンジングな開発であり、試作部では若手精鋭を集結し専用チーム体制で取り組みました。ボデー製作・塗装・組付、どれも流れ作業では完成度が上がらず、デザイン・設計の意図を正しく理解し、より良い構造を提案・織り込みながら全部位ハンドメイドで試作車を造り込み、特に高意匠実現のためには、量産工場ではとても受け入れられないカンコツ頼りの工法が目白押しでした。試作車、パっと見では完成しているが細かなカイゼン点が何百ヵ所とありますが、世界を感動させる完成度になったと信じています。